スタッフ紹介

スタッフ紹介
スタッフ紹介

代表取締役 大村 康友
チャレンジド(障がいをもつ人)とは挑戦する資格を与えられ、選ばれた人のことを意味します。子供たちは、私たちには見えない努力を積み重ね、日々成長しています。成人を迎え、社会生活を生き抜く力を身に着けてもらうために、蓮華では個別課題等に挑戦し、色々な体験を通して、できることへの達成感をふやし、できた喜びを全員で称えあう。そして、その経験が自らの知識と知恵を生み、又、活かされた体験で心が豊かになる。
私達は、そんな子供たち一人一人を尊重し、しっかりと認めていくことで、自信につながり更に心豊かな成長を促すと信じています。


蓮華本店・蓮華八幡南
施設長 大村 加代子

放課後等デイ等サービス 蓮華(れんか)・蓮華八幡南(れんかやわたみなみ)には様々な障がいを抱えた子どもたちが通ってくれています。蓮華では学校や家庭とは異なる時間や空間、人とのかかわり、体験ができる環境を提供し、自主性を育み、生活能力の向上をサポートしていきます。なにより、子どもたちが蓮華にくると楽しい、蓮華にくると落ち着く、蓮華にくるとすきな指導員・おともだちがいるといった気持ちになれるように、スタッフ一同努力していきたいと思っております。そして、障がいのある子どもたちが、社会にでても安心して生活が送れるように私たちは寄り添い、共に考え、歩んでいきたいと考えています。そして、親御さんの負担を軽減すべく、お子様についての不安や悩み事を一緒になって解決していき安心してご利用していただける施設を目指して日々精進してまいります。


蓮華八幡南 管理者
児童指導員:石上 育代

子供たちが様々な事にチャレンジできるような環境をつくり、「出来た」を1つでも多く増やせるよう、子供たちの個々の性格や発達を考慮して、支援員と一体となって日々実践する中で問題点や課題を解決し、一歩ずつ前に進める支援ができるように努力していきたいと考えています。そして御家族様からお子様を安心して預けられるように当たり前のことなのかもしれませんが、そんな事業所を私達スタッフ全員で目指しています。


児童支援員 
メッセージ